about
HOME  > インストラクター紹介  > 原田みのる
CONTEMPORARY JAZZ

原田みのる

【レッスン日】
コンテンポラリーJAZZ
WED:12:00-13:30
FRI:19:00-20:30

Profile
19歳から踊りの道へ。様々なジャンルの踊りを国内外で学ぶ。
20代で東宝ミュージカル「エリザベート」(トートダンサー)「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(ヴァンパイアダンサー)に出演し人気を博す。
ラサール石井作・演出のミュージカル「ZIPPER」「こちら亀有区公園前派出所舞台版」「プレイバックpart2」、夏木マリ演出・主演「印象派vol8」、黒木メイサ・中村獅堂・片岡愛之助が主演した栗山民也演出「黒い城青い砂」(死神役)などの作品においてソロで圧倒的な存在感を示す一方、2006年カタールで開催されたアジアオリンピック開会式にメインダンサー日本代表として出演。また2007年~2008年には、日本初のレジデンシャルダンスカンパニーnoism1のメンバーとして米ワシントンでのジャパンフェスティバル・ミシガンおよび韓国ツアーに参加。
2007年にシルク・ド・ソレイユ ポテンシャルアーティストに認定され、東京ディズニーランドに併設された「ZED」の開幕式レセプションショーの振付・出演を担当した他、アーティストオーディション振付指導にあたるなど篤い信頼を得ている。
直近の出演作は、ベルギー/アントワープの振付家Sidi Larbi Cherchauiの作品「TeZukA」で、12年5月よりケルン、パリ、マルセイユ、オスロ、テルアビブ、シンガポール各地で上演されたワールドツアーに参加。13年6月新国立劇場、平山素子作品「Trip Tryptych」、7月オーチャードホール英国振付家マシュー・ボーン作品「DORIAN GRAY」アレン・キャ ンベル役、10月Slovakia Kosiceにて行われる欧州文化首都のフェスティバル「NewDance Days」に参加。
14年10月秋田国民文化祭にて日本人初となる現代舞踊の祖石井漠役の大役を果たす。
15年全日完売の奇跡の舞台となったSidi Larbi Cherchaui演出振付の「プルートゥ」に出演。ダンサー8人の驚異的な存在感が記憶に新しい。
演出・振付家としては10年~12年、香港のThe Ngau Chi Wan Civic Centreにアジア6大陸ソロダンサーに3年連続で選出され新作ソロを創作、09・10年にはHawaii Tau dancetheaterの招聘で作品を発表している。また、10年10月には新国立劇場より”次代を担う新人振付家”に認定され、演出振付作品「果てに・・・」(英題“edge”)を発表。
近年は後進の育成にも精力的に努めており、自身の舞台経験をもとにしてプログラミングした独自のメソッドを構築。全国的にワークショップを開催し好評を博している他、13年ミュージカル「レ・ミゼラブル」において演劇的身体表現クラスを担当、14年浙江省青少年民族芸術団に文化交流の講師に抜擢される。
14年振付出演で参加した映像作品がドイツメディアフェスティバルPublic Relations:Corporate Identity部門シルバーメダル受賞。
16年韓国仁川にてWiz World dance festivalの招聘により新作「swimmer」を発表し、絶賛される。
また13年自身主宰のCompany little wisdomを大阪で立ち上げる。”大阪から世界に通用する舞台芸術を”旗印にこれまでにカンパニー作品「seed」「TEN」「showは僕の中にある」「Hallelujah」の4作を発表し常に高い完成度とダンスの枠を越えた身体表現と演劇的物語性の合致した作品が各方面で好評である。
16年にドイツ/デュッセルドルフのカンパニーParanoia AgencyとCLWのコラボレーションの舞台を企画し好評を博す。CLWメンバーの学生のレベルを高く評価された。
16年舞台芸術系の仕事の傍らUSJクリスマスショーに振付で参加、3月に惜しまれつつ閉幕した大阪市とUSJがコラボレーションした大阪城“戦国・ザ・リアル”の振付も担当するなどアートとエンターテイメントの幅広い分野で才能を信頼されている希有な振付家である。
14年4月より大阪芸術大学客員准教授に着任。


主な出演作品
2017年3月 島崎徹振付作品「South」「In the blink of an eye」に出演
2016年9月 ドイツ/デュッセルドルフにてParanoia Agency公演「Danke」にCLWカンパニーとして振付・出演
2016年7月 Wiz World Dance Festival演出振付作品「swimmer」出展
2016年1月 蔡暁強演出振付「SHOES」振付出演
2015年12月 Company Little Wisdom作・演出・振付「showは僕の中にある」
(英題「EPOCH」)
2015年10月 吹田市メイシアター企画
演出振付作品「aphrodite」「Bolero」「5分2秒のレインボー」「いつかの雨」「love」


提供・出演
2015年8月 MRBバレエガラにて演出振付作品「Hallelujah」
2015年3月 Company Little Wisdom演出・振付・出演「天」<弥生の風ホール>
2015年1~2月 ベルギー振付家シディ・ラルビ・シェルカウイ演出振付「プルートゥ」出演
<東京シアターコクーン><大阪森ノ宮ピロティホール>
2014年10月 秋田県能代市現代舞踊の祭典にゲスト出演
2014年10月 秋田県国民文化祭開会式典に石井漠役で振付・出演
2014年9月 熊本のKMAバレエスタジオに新作群舞「夢の始まり」演出・振付作品提供
2014年3月 静岡の佐藤典子舞踊団に「勿忘草」演出・振付作品提供及び出演
2013年12月 自身代表のCompany Little Wisdom設立
旗揚げ作品としてduo作品「seed」発表
2013年10月 大阪ARTBOX企画「KLIMT」にて演出・振付作品提供及び出演
2013年7月 マシュー・ボーン演出・振付作品「DORIAN GRAY」 出演
(アレン・キャンベル役)<オーチャードホール>
2013年6月 平山素子演出・振付作品「Trip Tryptych」 出演<新国立劇場>
2013年5月 歌芝居「蜘蛛の糸」 演出・振付<内幸町ホール>
2012年11月 佐藤知子振付作品「episode」振付・出演
2012年10月 「TEZUKA」シンガポール公演 出演
2012年10月 演出・振付作品「time goes by」 発表
2012年9月 「TEZUKA」ノルウェー/オスロ、イスラエル/テルアビブ公演 出演
2012年7月 香港The Ngau Chi Wan Civic Centre招待による演出・振付ソロ作品
「tamayura」 発表
2012年6月 「TEZUKA」フランス/マルセイユ公演 出演
2012年5月 シディ・ラルビ・シェルカウイ演出・振付作品「TEZUKA」ワールドツアー
ドイツ/ケルン、フランス/パリ公演 出演
2012年4月 日中友好40周年記念舞踊歌劇「木蘭」北京公演 出演
2012年3月 二期会オペラ「タンホイザー」 出演<びわ湖ホール、神奈川県民ホール>
2012年3月 佐藤典子舞踊団作品「金雀鳥」 振付・出演<静岡>
2011年12月 演出・振付作品「彼方へ」 発表
2011年12月 演出・振付作品「transform」 再演(初演09年)
2011年11月 ナチュラルダンステアトル「文化庁こどものための文化観賞」
九州ツアー 参加
2011年10月 演出・振付作品「辺境の空の下」 発表
2011年7月 香港The Ngau Chi Wan Civic Centreの招待による演出・振付ソロ作品
「いつかの雨」 上演
2011年6月 大阪ロクソドンタ劇場企画「ダンスの時間31」にて、演出・振付作品
「確かにそこにある感触」 発表
2011年5月 ラ・ダンスコントラステ作品「la ll umet」出演(~6月)
2011年3月 島崎徹振付作品「The Naked Truth」「Absence of Story」 出演
<東京・神戸・和歌山ツアー>
2010年12月 中嶋しゅう演出「ラスコーリニコフとスヴィドリガイロフ」 振付・出演 
2010年10月 新国立劇場の委嘱により演出・振付作品「果てに・・・」 上演
<新国立劇場>
2010年10月 アートダンスカナガワNo.8「AQUA~ゆらぎの連鎖~」出演
2010年9月 上海万博・上海国際芸術祭記念
日中友好舞踊歌劇「木蘭~ムーラン」 出演(~10月)<東京・上海>
2010年7月 香港The Ngau Chi Wan Civic Centreの企画Contemporary Dance
Showcase-Asian-Male Episodeにて「voice within me(我を呼ぶ声)」


上演
2010年7月 ナチュラル・ダンス・テアトル作品「東向きに恋をする」 出演
2010年5月 演出・振付作品「勿忘草」「transform」 発表
2010年4月 演出・振付作品「friends」「我を呼ぶ声」 発表
2010年3月 Hawaii theaterの招聘により演出・振付作品「いつかの雨」再演<ハワイ>
2010年3月 島崎徹振付作品「courage」 出演
2009年12月 演出・振付作品「sunny after cloudy」 発表
2009年11月 島崎徹振付作品「Here we are 」 出演
2009年10月 ハワイ Tau dance theater の招待により
演出・振付作品「いつかの雨」 上演<ハワイ/Honolulu design center>
2009年7月 東宝ミュージカル「ダンス オブ ヴァンパイア」 出演(ヴァンパイアダンサー役)
<~8月 帝国劇場、9月 福岡/博多座>
2009年4月 栗山民也演出「赤い城黒い砂」 出演(ソリスト 死神役)
<京都南座、日生劇場> 
2009年2月 神戸女学院大学音楽学部音楽学科舞踊専攻第3回公演 ゲスト出演
島崎徹作品「patchwork」、David earle作品「The Triumph of love」(~3月)
2009年2月 大阪オートメッセ2009 トヨタブース 振付・出演
2009年1月 東京オートサロン2009 トヨタブース 振付・出演
2008年12月 ミュージカル「星の王子様」 振付・出演(蛇役)
2008年10月 Dance Selection 2008 ソロ作品「stillness」 演出・振付・出演
シルクドソレイユ・シアター東京「ZED」開幕記念レセプションショー出演
2008年9月 コンテンポラリーダンス ダンスプラネット№28 DANCE EXBIT
ION2008
上島雪夫演出・振付「Flush(ほとばしる)~生き急ぐ時間たち~」
出演<新国立劇場>
2008年8月 サイトウキネンフェスティバル
小澤征爾指揮オペラ「利口な女狐の物語」 出演(~9月)
2008年6月 noism作品「NamelessHands~人形の家」全国ツアー 出演(~7月)
2008年4月 noism作品「NINA」韓国ツアー 出演
2008年2月 アメリカジャパンフェスティバル招聘作品noism
ワシントン、ミシガンツアー 出演
2007年12月 ソロ作品「いつかの雨」演出・振付・出演
2007年10月 noism「W-View」 出演 <新潟・東京・北九州・岩手・北海道>
振付:中村恩恵(元NDTⅡ所属) 安藤洋子(フォーサイスカンパニー)
2007年7月 K4「擬態」加賀谷香作品 ゲスト出演<新宿スペース・ゼロ>
2007年6月 IMAホール20周年記念「踊りん坊侍」上島雪夫作品 出演
東京オペラプロデュース「天国と地獄」 出演<なかのzero大ホール>
2007年5月 JAE企画 PV作品「剣」 振付
2006年12月 「赤糸でぬいとじられた糸」加賀谷香演出
ゲスト出演<新宿シアターブラッツ>
アジアオリンピック開会式 メインダンサー <カタール/ドーハ>
2006年11月 「 pray」 演出、ソロ振付、ソロ作品「alone」 発表
「夏木マリ印象派vol8」 出演<シアターコクーン>
2006年7月 東宝ミュージカル 「ダンス オブ ヴァンパイア」 出演
(ヴァンパイアダンサー役)(~8月)<帝国劇場>
2006年5月 東宝ミュージカル「エリザベート」 出演(トートダンサー役)<日生劇場>
2005年12月 ホリプロミュージカル「プレイバックpart2 屋上の天使」 出演
2005年10月 東京モーターショー トヨタブース 振付・出演
2005年3月 愛知万博 トヨタパビリオン ダンサー(~9月)
2005年9月 東宝ミュージカル「エリザベート」 出演(トートダンサー役)<帝国劇場>
2005円7月 「少女L」 演出、振付
2005年6月 ラサール石井作、演出ミュージカル「zipper」 再演
2005年2月 演出・振付作品「辿る糸」 発表
2004年7月 オリジナルミュージカル「getting married today」 振付・出演
2004年3月 東宝ミュージカル「エリザベート」出演(トートダンサー役)(~5月)
<名古屋/中日劇場、福岡/博多座、大阪/梅田コマ劇場>
2003年8月 ラサール石井作・演出ミュージカル
「こちら葛飾区亀有公演前派出所舞台版」 出演<全国5箇所>
2008年4月 日英共同ミュージカル「Beyond the Door」 出演
2003年3月 ラサール石井作・演出ミュージカル「zipper」 出演
2002年11月 東宝ミュージカル「ビギン・ザ・ビギン」 出演<帝国劇場>
2001年9月 サイトウキネンフェスティバル 小澤征爾指揮オペラ「イェヌーフェ」 出演
2001年3月 美歌ブランドSHOW UP「street 2001」 出演<アートスフィア>

Comment
初心者から経験者まで経験をは問いません。
動くことに興味のある方、スタイルダンスとは違う身体表現としてのダンスを一緒に踊ってみませんか?
体の使い方も有機的なメソッドで導きます。
気持ちよく体を使い、沢山汗をかいてリフレッシュしましょう!!
スタジオで変なおじさんがお待ちしております(笑)  
TOP